PAGE TOP

水温チェックでパワーダウンや燃費悪化を防止 WATER TEMP MONITOR(水温計)
面倒な配管や配線作業不要 コンパクトボディ ブラックスケルトン
故障診断コネクターにカプラーオン
故障診断コネクターにカプラーオンするだけで水温表示し、様々なクルマの状態をチェックできます。

WATER TEMP MONITOR 車内取り付け
本体サイズは51×35×22(奥行き)mmで幅広い場所に装着が可能。

表示はブラックケースから浮かび出ます。

水温表示 設定作業不要 >>OBD2装着製品との併用について

-40℃~150℃まで高精度デジタル表示。


車種別設定などは一切不要で取付直後から使用できます。

WATER TEMP MONITOR (WTM) 赤LED

水温計 WTM-R

51×35×22mm(奥行き)

¥12,800(税別)
※生産終了

WATER TEMP MONITOR (WTM) 青LED

水温計 WTM-L

51×35×22mm(奥行き)

¥14,800(税別)
※生産終了

ご購入の前に必ずお読みください

OBD2装着製品と併用する場合はこちらをご覧ください。
●下記の場合対応車でも表示に支障がでる場合があり装着不可です。
1. 純正品以外のECUの場合 2. サブコンなどをご使用の場合
●本表示はECU情報に基づくため、他のメーターと多少異なる場合があります。

WTM (WATER TEMP MONITOR) 対応車種表ダウンロード(201KB) ご購入の際は必ず対応車種表にて取付可能な車種かご確認ください。
WTM (WATER TEMP MONITOR) カタログダウンロード(300KB) 印刷用カタログデータはこちらです。

ADOB	E READER ダウンロードAdobe Acrobat Readerのダウンロードはこちらをクリックしてください。

純正水温計との比較
WTM 純正水温計との比較
水温上昇とパワーダウン
一般的にエンジンの最大出力は水温が約85~90℃付近で発生し温度上昇に応じてエンジン保護のためパワーダウンと燃料消費が増えていきます。WTMは下記のような様々なクルマの状態をチェックできます。

1  温度上昇によるパワーダウンと燃費悪化
2  オーバーヒート防止
3  不要暖機による無駄な燃料消費
水温上昇とパワーダウンのグラフ